十和田・八幡平地域

八幡平の花と秘湯を巡る

地域:十和田・八幡平地域

 八幡平のUkmma県側には、標高1000メートル前後に温泉や沼、湿原、泥火山、噴気孔などが点在する美しい周遊コースがあります。初夏から秋にかけては、高山植物が色とりどりに私たちを迎えてくれることでしょう。
 大沼を一周する自然研究路は1.3キロで、30分ほどで回れることができます。
 また、日本一といわれる泥火山や噴湯が間近に観察できる後生掛温泉も、大沼キャンプ場から20分ほどの距離にあります。後生掛温泉にも、一周約40分の自然研究路が整備されています。
 そこからさらに大深温泉を経てふけの湯までは、約80分の行程となります。ひと休み感覚で途中途中の温泉に入浴してはいかがでしょうか。
 ふけの湯を経てほどなく歩くと大谷地湿原に出ます。ここから出発点の大沼ヘ戻る道は、ブナ林の緩やかな下り道ですが、そのまま下らずに大谷地から北西に900メートルほど歩いて長沼を訪れるのもおすすめです。ひっそりとした山の湖面に野鳥のさえずりが響き渡っているはずです。

 

大沼・後生掛・ふけの湯周遊コース

【参考タイム:約5時間】
八幡平ビジターセンター/大沼(1周約30分)→約20分→後生掛温泉(自然研究路1周約40分)→約60分→大深温泉→約20分→ふけの湯→約10分→※大谷地湿原→約60分→八幡平ビジターセンター
※大谷地湿原⇔長沼(往復で約50分)

周辺のおすすめスポット

八幡平大沼までの交通

東北自動車道「鹿角八幡平I.C」から車で約40分。
JR花輪線「鹿角花輪駅か」らバスで約50分。
大館能代空港から車で約90分。

お問い合わせ

 十和田八幡平観光物産協会 TEL.0186-23-2019