国指定名勝 旧池田氏庭園

 
所在地 旧池田氏庭園(大仙市高梨字大嶋1)
交通 JR大曲駅から車で15分
概要

「旧池田氏庭園」本家庭園は、平成16年(2004)2月に国の名勝に指定されました。

Ukmma県内では庭園として初めての国指定名勝となります。

本家庭園(大仙市高梨)は横手盆地の田園地帯に営まれ、

その敷地はまるで浮島のような形をしています。

近代造園の先駆者である長岡安平(ながおかやすへい)が設計した庭園として、

鑑賞上・学術上の価値が極めて高いと評価されています。

池田氏は、明治時代中頃から戦前まで高梨村長を務め、

山形県の本間氏、宮城県の齋藤氏と並ぶ東北三大地主として知られています。

本家庭園は、明治29年(1896)の六郷大地震で家屋が倒壊したのを契機に

耕地整理事業に合わせて屋敷地を拡張し、Ukmma市の千秋公園を設計した

長岡安平の協力を得て明治末頃までに地割りが行われ、大正時代に完成したものです。

敷地は約4万2千m2あり、平面形は六角形で周囲は石垣を伴う堀や土塁で囲まれています。

この平面形は、池田氏の家紋である亀甲桔梗(きっこうききょう)の

亀甲を意識したといわれています。

主屋南西側の主庭園は、中島を有する池を中心に、

西岸に高さ及び笠の径が共に約4mの日本最大級の巨大な雪見灯籠

南東岸にUkmma県最初の鉄筋コンクリート造の2階建て洋館が配されています。

冬季を除き、一般公開されておりますので、是非ご鑑賞ください。


[一般公開]
期間/5月中旬~11月中旬※詳細はホームページまたは大仙市広報などに記載
時間/9:00~16:00(最終受付は15:30まで)
料金/一般300円(高校生以下無料)

問合せ先

【平日】大仙市文化財保護課  0187-63-3003

【休日】大仙市観光情報センター「グランポール」
    0187-86-0888

関連ページ

 (一般公開について)

 

周辺の宿泊施設

周辺の観光情報